2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと

最近のコメント

最近のトラックバック

2014年10月 1日 (水)

尺八の音だし

管理人が尺八を始めて9ヶ月くらい経ったでしょうか。

以前よりは音がなるようになってきましたが、まだまだです。

これまでの癖で反省した点や練習での気づきなど。

1 口の形を作るところから入ると、口や喉、胸あたりに力が入ってしまい、良い音にならない。腹筋の上部、肺の下あたりを自然に押し込むように圧力を掛けて息を出し、胸や腕、喉には力をいれず、息を単にスルーして通過させる要領で、唇で息を止める。こうすると密度が高い息となり、響きやすいようです。

2 甲(かん)の音(高い音)の上の方になるとつい力が入ってしまい、返って鳴らなくなる癖。姿勢と尺八の角度を保ち、1で書いた息の密度を高めると自然と音はなります。これを継続できないのが現在の課題です。

3 力をいれるのとにていますが「息を吹き込む」ようなやり方だと響きが悪いようです。

4 息をまっすぐ前に吹くというのは少しずつ分かってきました。

5 高い音の時に上唇から押さえにいってしまう癖。修正が課題です。

6 半音は指を持ち上げるのではなく、ねじる感じの方がよさそうです。

7 ロツレチハ(リ)、まだ中々体に入っていきません。

8 指に力が入ってしまう(その後腕にも力が入ってしまう)癖もまだ修正中です。

西荻窪・三鷹台・吉祥寺 和楽器のお稽古場

西荻窪・三鷹台・吉祥寺近辺の和楽器のお稽古場「楽風塾」です。

興味がある和楽器について、プロから基礎を学ぶことができます。

次回は10月5日(日)午前11時から午後4時頃まで

最近は、受講生の関心のある尺八、、三味線を中心に基礎から学んでいます。

2014年8月 1日 (金)

8月定例楽風塾

8月定例楽風塾は8月24日午前11時から午後3時頃までを予定しています。

引き続き、興味のある邦楽器について、入門・基礎編のお稽古を実施します。

7月定例会は、午前中は春潮という曲を尺八を中心に練習し、午後は尺八と三味線に分かれて練習しました。

色々な楽器に対応できますので、興味のある方の参加をお待ちしております。当面月1回、参加費1500円で開催する予定です。

2014年7月 9日 (水)

7月定例楽風塾

7月の定例楽風塾の日程は下記のとおりです。

2014年7月27日(日)午前11時から午後3時頃まで。

邦楽器全般の入門編を予定しています。

2014年6月 7日 (土)

6月8日の定例会中止です

楽風塾の定例会を2014年6月8日に予定していましたが、仲林先生急病のため、中止とさせて頂きます。

7月以降の日程は追ってご連絡差し上げます。

尺八の音だし

ブログ管理人も、尺八初心者として練習しています。

尺八の音が出ただけでは、心地よい音ではないので、芯のある豊かな音になるよう練習して調整していきます。

管理人もそうですが、初心の内は、音がならないと息を強く・早く吹こうとしてしまいます。管理人も思っていた息の早さはその半分くらいで足りて、お腹の圧がかかっていれば十分に鳴るようです。あとは、指とか肩とか、力を入れてはいけない箇所に力が入りがちです。指は穴の上に置くだけの感じです。

口の中は、歯は歯の間隔を開けて、舌の位置は下の方。お腹の圧を胸や気道あたりで止めるのではなく、唇の周囲の筋肉と顎の下の筋肉を使って唇で止める感じ。

頭の重心は少し前で尺八をしっかりと支える感じ。

下顎を少し前に出す加減で上の唇と下の唇をまっすぐに揃える。

下唇を歌口に差し込むように押し当てて、息は下唇の内側から出す。息の方向はまっすぐ前で、尺八の中へではない。

管理人もなかなかならずに苦労していますが、体で覚えていくほかはないようです。

2014年5月20日 (火)

5月定例会

5月17日定例会

前半は、旅路とさくらを、笛・尺八で練習しました。

Dscf1347

後半は、さくらを題材に三味線の基本的奏法を学びました。

次回は、6月8日(日)午前11時から午後4時頃までを予定しています。

2014年5月16日 (金)

楽風塾5月の日程

楽風塾定例お稽古

5月17日(土)午前11時から午後4時頃まで

  さくらを題材に、三味線と尺八に分かれて練習します。

  その後合奏をします。

  入門講座ですので初心者の方でも楽しめる内容です。

音楽史と音楽論

柴田南雄「音楽史と音楽論」

岩波現代文庫から2014年4月16日に出版されました。最初に出版されたのは1988年のようです。

日本と西洋の音楽史を同時代的に俯瞰しながら論じているものであり、極めてスケールの大きい論述です。

通勤の行き帰りで興味深く読みました。是非ご一読をお勧めします

2014年4月 7日 (月)

4月定例楽風塾

4月6日午前11時~午後4時頃まで、4月の定例楽風塾が開かれました。

午前中は、三味線入門。

三味線の構え方やバチの持ち方から始まり「さくらさくら」と阿波踊りの伴奏の簡単なフレーズを使って、三味線の初歩を学びました。

昼食後、三味線のおさらいをした後、

笛や尺八で仲林先生作曲の「旅路」やお囃子のお稽古などをしました。

Dscf1076

Dscf1079

 

 ご近所の方も新しく参加して頂けました。今後とも誰ども楽しくお稽古できるよう努めていきたいと存じます。

«4月定例楽風塾 4月6日です