2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと

最近のコメント

最近のトラックバック

« 西荻窪・三鷹台・吉祥寺 和楽器のお稽古場 | トップページ

2014年10月 1日 (水)

尺八の音だし

管理人が尺八を始めて9ヶ月くらい経ったでしょうか。

以前よりは音がなるようになってきましたが、まだまだです。

これまでの癖で反省した点や練習での気づきなど。

1 口の形を作るところから入ると、口や喉、胸あたりに力が入ってしまい、良い音にならない。腹筋の上部、肺の下あたりを自然に押し込むように圧力を掛けて息を出し、胸や腕、喉には力をいれず、息を単にスルーして通過させる要領で、唇で息を止める。こうすると密度が高い息となり、響きやすいようです。

2 甲(かん)の音(高い音)の上の方になるとつい力が入ってしまい、返って鳴らなくなる癖。姿勢と尺八の角度を保ち、1で書いた息の密度を高めると自然と音はなります。これを継続できないのが現在の課題です。

3 力をいれるのとにていますが「息を吹き込む」ようなやり方だと響きが悪いようです。

4 息をまっすぐ前に吹くというのは少しずつ分かってきました。

5 高い音の時に上唇から押さえにいってしまう癖。修正が課題です。

6 半音は指を持ち上げるのではなく、ねじる感じの方がよさそうです。

7 ロツレチハ(リ)、まだ中々体に入っていきません。

8 指に力が入ってしまう(その後腕にも力が入ってしまう)癖もまだ修正中です。

« 西荻窪・三鷹台・吉祥寺 和楽器のお稽古場 | トップページ

尺八稽古日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192016/60405807

この記事へのトラックバック一覧です: 尺八の音だし:

« 西荻窪・三鷹台・吉祥寺 和楽器のお稽古場 | トップページ